幸せを感じる為の7つの通過点

前の記事では自己肯定感について書いたので(読んでいない方はこちらから)今回はその上に積みあがる幸せである為の法則を書いていこうと思います。以前の文を読んでいない方は読んでみて下さいね、より理解が深まると思います。では、さっそく幸せでいるために必要な要素を挙げていきます。

1.他人と比較しない

無意識の内にしてしまいがちですが、すぐに人と比較したり競争してしまったりするのは自分の幸せにとってはよくありません。競争や比較をすると妬みや嫉妬がでてくるのでそういった感情は幸せとは逆で人生を不幸にしてしまいます。

自分は人より優れていないと思うことで本当にその状況をつくりだしてしまいます。大切なのはまず比べない事。自分の能力は自分の物差しではかり自分には能力があり、やれば伸びる事をしんじる事。どうじても比べてしまうならそういった場所から一度距離を置いてみるのも手かもしれません。

2.自分の事に集中する

私たちは親切心から他人の事に口出ししたくなったり手を貸してあげたくなりますが、実は有難迷惑だったり相手の自尊心を、自分もしくは相手自身の知らぬ間に傷つけたりしてしまう事も少なくありません。無差別な相手の問題への介入は依存を引き起こしてしまいます。

しかし、他人をほおっておけというのではなく、解決はしないがアドバイスを送ったり助けを求められるまで見守っておきましょう。あまりに人の事に首を突っ込みすぎると自分の時間もなくなります。自分を犠牲にして相手に尽くすのは美徳に感じられますが、時には相手を助けた自分という何とも前向きな、自分の事をしない言い訳、自尊心を保つための理由として使っている場合があります。こういったことにならないために自分の意識をしっかり確認しながら行動しましょう。

大切なのは自分自身の状態に集中することもですが相手をそのままに受け入れてあげるという事です。

3.自分への評価は自分でする

他人に否定される事、何気ない一言で傷ついてしまう事がありますよね?しかし、それは他人からの評価であり、事実とは関係がありません。落ち込むだけ無駄なので相手から言われたことが本当にそうなのかだけを検証しさっさと忘れてしまいましょう。

そして、自分への評価は自分で下せるようになりましょう。例えば相手が自分の事を「ださい。」と言おうがそれは相手の感覚であり自分とは違う考えや感じ方なので気にする必要はありません。客観的に自分をみて改善すべき点があればすればいいだけで精神的にダメージを受けるのはもったいないし必要ないです。もう一度いいます。あなたの評価はあなた自身が決めましょう。

4.与えるという感覚を覚える 与える側になる

いつも受け身になっていませんか?無償で与えるという行為は愛ともとれます。矛盾しているかもしれませんが無償で与えることにより自分が豊かさを受け取る(これについては事項で解説)ことになるのでどんどん与えていきましょう。与えるという感覚を覚えると、いかに自分がいつも受け身だったかに気づき反省したくなると思います。

さらに寂しくなくなるという効果もあります。なぜかというと人と接するときは受け身な感覚に陥りがちですが与えることに喜びを覚えると、相手にこれができたら、これをしたら嬉しいだろうと考えるようになり欲求不満にならず求めることもしないからです。寂しいという感情で湧き上がる気持ちは会いたいや話して楽しみたいという受け身の感情です。相手が与えようとしてくれた時だけありがたく受け取りましょう。

5.与えることで幸せを感じる

他人の幸せを見たときにどう感じるでしょうか?SNSで友達が楽しそうにしているのをみて羨んだり嫉妬していませんか?これは自分がまだ受け取る側の人間であることを示しています。与える気持ちは人が幸せになってほしいと願う気持ちそのものなので与える事を学ぶと、これらの事を見てもプラスでとらえられるようになります。

人間が生きるためには社会で貢献してお金をもらう事が必要ですが働くという事はお金をもらう以外に自分の居場所を見つけるという大切な作業でもあります。

さらにいうと貢献することで得られる事は場所、お金よりもそれ以上に価値のある「自分は豊かだ」という気持ちです。持っていない人は与えられません。それは物質的なことではなく気持ちの上でです。お金をいくらもっていようが人の為に使えない人はいつも窮屈な心で生きています。行動でも他人の為にできない人は受け取る側の立場で常に欲求不満な状態になってしまいます。

こういった事から脱却し幸せで在るには人に与える側である必要があります。完全に与えるだけになるのは無理かもしれませんが人は受け取る側と与える側の2面を持ち合わせているので与える方を多くすることで不思議なことに物質的、精神的にも受け取る事が自然と増えていきます。

与えられたものはありがたくもらいましょう。受け取り方次第では貰う側でも与える方に回ることもできます。利己的で常に自分が何か欲しいと思っている人は常に私は持っていないと自分に言い聞かせているようなものなので常に心は貧しさでいっぱいです。

6.うまくいっている自分を思い描く

これは自己肯定感に関しての記事でも説明しましたが、うまくいってる事を想像しない事にはなかなか目的の達成ができません。それは具体的に目標をたてて成功のイメージを作り上げても良いし、目標を立てにくい場合は単純に自分のなりたい姿を思い描きましょう。自分がすでに経験してうまくできる事なら簡単にイメージできるかもしれませんが、未体験の事、予想できない事を想像するのはなかなか骨の折れる作業です。そういった場合はまず、一番大きな外枠をきめ、ざっくり~~が成功する。というイメージと同時に言葉にも発しましょう。毎日やる方がいいです。そうしているうちに細部までイメージが行き届き、ある時にはいいアイデアが浮かんだり、すぐに達成できるイメージが浮かぶ事もあるでしょう。

例えば大きなプラモデルを作るとします、最初説明書を見たとき工程が多すぎて無理と思えば1mmだって作業はすすみません。しかし、ここで私はできると思えれば作業は前に進み、時間が経つにつれ完成に近づきます。

自分の苦手な人といる時にも、「自分はここにいていいんだ」や「私は能力があるから大丈夫」と自分を信じてあげて下さい。少しづつですが状況は改善していきます。そして苦手な人とうまくやっていっている姿を思い浮かべ。「私は~~さんとうまくやっていける」と唱えて下さい。確実に状況はよくなります。

イメージはできるだけ具体的にすればするほど現実に影響を与えます。そして、日々思い浮かべることで、思いが強くなるのでうまく行く確率も上がります。具体的に言うと繰り返し思い浮かべることで潜在意識がイメージを覚えるので無意識なうちにも上手くいく行動をとっている、またはうまく行くように考えているようになります。

7.自分を愛するという事

自分を愛するという事はどういう事でしょうか?甘やかすことでもなく、ただ自由奔放にすることでもない。それは、自分が最善の状況に向かって努力出来たり進んでいく道をときには厳しく、ときには優しく選ぶという事ではないでしょうか?

幸せになるには心も体も魂もおろそかにしてはダメです。全ての調子を整えるように心がけましょう。暴飲暴食で体をいじめたり、したくない事ばかりして心をいじめたり、自尊心をなくして魂をいじめたりしないように。体には適度な食事と運動を、心には楽しくなる趣味を、魂には全力で生きるという命の感覚を与えてあげて下さい。自分にこれらを与えられることが自分を愛するという事だと思います。更に自分を殺さずきちんとNoを言えることも自分を愛することにつながります。

最後に

上記の事を進める中で不安になることがあると思いますが、それは今まで生きてきた中でついた癖なのでうまく行くようイメージしながら自分を励ますことで克服していけます。時には作業に集中できないことや無駄にパソコンで動画をみたりして過ごしてしまう事もあります。しかし一番大切なのは決めたことをあきらめずに続けること。自己肯定感を強く持ち、上手くいっている姿を思い浮かべ着実に一歩ずつ進んでいきましょう。

是非、参考にしてみて下さい。

コメント