本の処分、売却方法!ネット買取、高く売る方法と手数料比較

本を売る

本をお得に売りましょう!

いきなりですが「せどり」とは店舗やインターネットでモノを安く仕入れ転売することで、それをする人のことを「せどらー」と呼びます。

私は以前、仕事としてせどりをしていた事があります。

どうやったら高く売れるか、どのように売るかを考えていたので、ただ適当に処分するよりは高く売ることができるでしょう。

本を処分しようとお考えの方の参考になれば嬉しいです。

本を1冊ずつ売る方法

本を1冊ずつ売る方が得なシチュエーションは以下。

  • 本が新しい場合
  • 高い本の場合(写真集、参考書など)
  • 本の数が少ない場合

まとめて本を売る場合、買取側は仕入れになるので買取に出すと安く買い取られる事が多いです。1冊ずつ個人に売れば仲介費がないので高く売れます

その代わり、新しかったり人気のある本でないと売りにくいですけどね。

そして、デメリットは手間がかかること。。。

あと、送料や手数料を気にして売らないと労力の割に全然お金にならないなんてこともあるので気を付けて下さいね。

下にそれぞれの送料、手数料を書いているので参考にして下さい。

本の送料

現段階(2018年9月現在)で安いのはクリックポスト(185円)、ゆうメールでしょう。

180~350円で発送できます。

メルカリ ラクマ ヤフオクで売る

  手数料 その他
メルカリ 10% 送料(送料込の場合)
ラクマ 3.5% 送料(送料込の場合)
ヤフオク 8%+消費税 送料(送料込の場合)Yahoo!プレミアム会員498円

メルカリはユーザーが多いので一番人の目にとまりやすいです。また、バーコードをスキャンしたら自動でタイトルや商品説明、参考価格まで自動入力されるので出品が楽すぎです。

送料もメルカリ便で多少割引されるので送料込みでも負担が少なく済みます。

どれを使っても人気の本や出たばかりの本であれば売ることが出来るはずですが総合的にメルカリが良いでしょう。

安い本の場合は一冊ずつでは売れにくくてもまとめて出品することで、買い手が現れることがあります。

シリーズものやジャンルでまとめるのも良いかもしれませんね。

Amazonで売る

個人でもAmazonで販売できるのをしっていますか?Amazonマーケットプレイス

Amazonのメリットは商品の圧倒的な売りやすさです。モノレートを使えばどれくらい売れているかも分かります。本のタイトルで検索してみましょう。順位を表す表が上下していれば売れているということです。

Amazonは手数料が少しややこしく多いです。

Amazonでの販売経費

  • 本の販売手数料 15% 
  • 小口出品 成約手数料 100円
  • カテゴリー成約料 80円
  • 送料

送料:FBAの場合

AmazonではFBAという、商品を倉庫に送っておけば自動で発送をしてくれるサービスがあります。倉庫に送る費用は自己負担です。

送料は以下。

(小型)226(標準)360円

自己発送(クリックポスト)で発送した場合の利益シュミレーション

  • 本の価格 -(手数料+送料)= 利益
  • 500円 -(255+185)= 65円
  • 1000円 -(330+185)= 485円
  • 1500円 -(405+185)= 910円

手数料が高いので安い本は売りにくいですね。高い本だけ厳選して売るのがいいでしょう。

本をまとめて売る方法

本をまとめて売るメリットは何と言っても手間がかからない事!

ただし、ブックオフの場合、まとめて売ってもめっちゃ安い場合もあるのでがっかりしないように。

そう、デメリットは買取額が安いことです。

ブックオフで売る

ネットで300円以下の本なら迷わずブックオフへ持っていくのが良いと思います。

安い本だと手間の割に手元にお金がのこりませんからね。

古くて値段が付かない本や、とにかく処分したいだけの人はこの方法がおすすめです。

ネットからも売れます。

ネットで一括見積 一押しの方法でオススメ!

本買取バリューブックス

バーコードやタイトルで調べると売る前に料金が分かります。

以前は送料無料だったのですが今は500円かかります。その代わり査定額は以前の1.5倍。

以前の買取よりお得になるかの分岐点は「1箱あたり、1,500円以上の買取額になるか」と公式サイトに記載があります。

1,500円以下なら送料無料の姉妹サイトVaboo(バブー)で売るのがいいでしょう。

Vabooでは本以外にもDVDや漫画セット、ゲームなども買い取っています。

これらは申し込んでから宅配業者が集荷に来てくれるので重い本を運ぶ必要もありません

バリューブックスでは、オンラインでの再販売が難しい本は

  • 児童施設などへの寄贈
  • 自社運営ブックカフェNABOでの販売
  • 古紙回収(リサイクル)

など、資源を無駄にしない努力をされています。本を有効に再利用してもらいたい方にもオススメです。

まとめ

私の感覚としては手間を掛けるならAmazonが売れやすいのでオススメです。しかし、手数料が高いので1,000円以下の本となると手元に残るお金は少ないです。

手数料が気になる場合はフリマアプリで売るのが良いですが、Amazonに比べると古い本は売れにくいでしょう。出品の際は履歴を見て売れるかチェックするといいです。

本が大量にあり、めんどくさい場合はネット買取のVabooで、一冊ずつ買取価格をみたい場合や1,500円以上になりそうな時はバリューブックスという風に使い分けるといいでしょう。

ネットもめんどくさいという方はブックオフへ行きましょう。

それぞれの状況に合わせて本を処分してくださいね!

参考になりましたでしょうか?

そうであればいいな~。それでは!

コメント