【レビュー】アーミーダンベル リーディングエッジ 錆びない良品!

筋トレは体力保持程度の力の入れようですが、購入を考えている方に使い心地を書いておきます。

本格的な筋トレをしているような人ではないので、あまり深いことはわかりませんが、何か参考になればいいなー。

とりあえずほぼ不満なく使っているので私は満足していますよ。

これが実際使用しているダンベル

アーミーダンベルのメリット・デメリット

アーミーダンベルのメリット

  • しっかり重い 
  • 重さ調節は4段階
  • 錆びない
  • 臭くない
  • 見た目も悪くない
  • 勝手に転がらない
  • 手元が滑ることもない

中身は金属なんでしょうけど外はプラスティックで覆われているので錆びないというのは大きなメリットだと思います。

持ち手のところも金属じゃないので手も金属臭くなりません。すべらないですしね。

あと、外装が金属ではないので重たく見えず、ゴツゴツした感じが無いのも気に入っています。

なんかキャッチ―に見えるというか。

アーミーダンベルのデメリット

  • 重さ調節がめんどくさい
  • デカい

重さ調節するときの重り入れ替えに時間がかかるので気軽にできない点はマイナスです。

単純にクルクル回して外して入れるタイプです。

一部商品ではすぐに重り入れ替えできるモノもあるみたいですね。

あと、それなりにデカいので床に転がしておいても多少邪魔です。

重さ調節は4段階

筋トレの時に重量を簡単に変えられるのは大切なことですが、何段階で変えられるかというのも重要なポイントではないでしょうか。

この商品は4段階で変えることができ、良い感じに負荷を増やす事ができるので便利だなと感じました。

上で簡単に重さ調節ができないと書きましたが、そんなに頻繁に重さを変えることもないのでよしとしましょう。

とりあえず、こちらの商品は最低重量10KGからなので初めから結構重いです。

こっちは片方10KGで4KGから始められるやつです。

メンテナンスが要らなくて楽

プラスティックで錆びないのでメンテナンスの必要がないのでめっちゃ楽です。

もし錆びたらと考えると、バーベルを持ちたくなくなり筋トレが続かなくなるでしょう。

モチベーションにも関わりますからここは思った以上に大切なポイントですよね。

バーベルにもなればいいのに

筋トレしていて思ったのですがバーベルにもなる、錆びないこのタイプのダンベルは無いものかと探していたら別の商品ですが40KGまで行けるやつが有りました。

でもこの商品をそのままバーベルには出来ないのが残念ですね。出してくれないかなー。バーベルになるバーを。

リーディングエッジさんお願いします。

まとめ

私の利用環境では普段はデカくて邪魔と思った以外にはデメリットはありません。

このデメリットも使用後に部屋の端に置いておけばいいだけの話なので自分のせいですしね^^;

長く使える、とっても良い商品だと思います。

おススメですよー!

コメント