老後2,000万円問題に年収300万男が挑む!年金、貯蓄の増やし方

老後2,000万円?!嘆く前にする事、出来る事

老後に2000万円必要??!

まじかよ。実家にすんでるから無理では無いにせよ貯金するために生きるみたいになるんじゃないか??

そんな風に思っている僕、ゆーくすです。

そもそも問題になった老後に2000万円必要な理由や内訳をほとんどの人は知らないはず。僕もその一人なので低所得者目線からみた「老後2000万円問題」について調べていきます。

これを読めばどの年代でも自分がこれからどうすべきか、現状はどうなのかなど客観的視点で状況を把握できるようになるはずです。

僕の場合は無知であった老後のお金の問題を目の当たりにして恐怖していますw

読むも読まぬもあなた次第ですが、老後は必ずやってきます。

何も知らずに迎える老後ではなくしっかりと準備した老後の一助となれば幸いです。

老後2,000万円の根拠

老後2,000万円必要と試算はどこから出てきたのでしょうか?

それは、金融庁が発表したこちらの資料。

収入と支出の差である不足額約5万円が毎月発生する場合には、20 年で約 1,300 万円、30 年で約 2,000 万円の取崩しが必要になる。
参照:金融庁 高齢社会における資産形成・管理

収入が無くなってから、30年間生きる前提の計算となっています。

そして収入と支出の差は下の資料が参考にされています。

総務省「家計調査」(2017年) 参照:金融庁 厚生労働省 提出資料

ちょっとグラフでは見にくいので内訳を書き出してみます。

実収入 金額(円) ゆーくすの感想
社会保険給付(年金) 191,880 夫婦2人の平均でこの金額ということは…、もちろん少ない人もいるということ
その他(まとめた) 17,318 平均なので事業収入とかもあり、参考にならない部分も。
実出費 金額(円) ゆーくすの感想
食料 64,444 多すぎでは?
住居 13,656 持ち家価格ですね。
光熱・水道 19,267 妥当。
家具・家事用品 9,405
被服及び履物 6,497
保険医療 15,512
交通・通信 27,576
教育 15
教養娯楽 25,077 節約できる部分
その他の消費支出 54,028 交際費関連、多くない?
非消費支出 28,240 税金・保険料 不可避です。

平均がこれということですが、パッとみてどう感じますか?いくつかツッコミたい点があるのではないでしょうか。

収入は自分と配偶者の年金を合わせた額でそれぞれ違ってくるので、まず支出を見てみる。

とりあえず食費は少し多い。逆に住居費が低い。これは今の老人は持ち家があるという事だと理解しています。

他は大体、妥当な金額だと思っていますが、2か所気になる点が。それは「教養娯楽」と「その他の消費支出」です。

コミュニティセンターなんかで習い事したり遊ぶ、友人や家族と交際したりする費用、冠婚葬祭なんかの費用がここですが合わせて8万位となかなかの金額。

老後2,000万必要だと?!ふざけんな!ではなく、自分と比べてホントにこれだけの金額が必要かを計算し、老後いくら必要かをそれぞれ計算するのが正しい考え方だと思います。

僕の試算をしてみようと思う

問題点として僕は20代あんまり年金払ってなかったのでヤバいです。ワロエナイ(*´Д`)

年金未納期間が長い方は心臓に悪いので心してみて下さい。

まずは収入の計算

日本年金機構 ねんきんネットにログインして自分の年金見込額試算をみます。

この記事を読んでいる方には現実をしって欲しいので僕の見込み額を公開。

今の給料のまま60歳まで働いたとして年間911,832円。月々75,985円。

あかん。

生活保護でも月11~13万程度もらえることを思えば、

やっぱり、あかん。

昇給も多少あるだろうからもう少し支給額が増えたとしても、そんなに変わらん気がする。

自分の絶望的収入問題の対策は後程考えていくとして次は支出を見ていく。

我が家の支出

母と2人暮らしで持ち家がある状況での家計簿(母が付けている)がコレ。

結構、いりますやん。

一番上の段が支出合計。左から1ヶ月づつ4~12月までの支出です。

母の家計簿なので僕の食費や光熱日は入っているけど、交際費や趣味のお金は入っていない。

将来母が亡くなり1人暮らしになったとしてもおそらく平均16万程度はかかるのではないか。

そうすると、老後の年金収入が月々75,985円で支出16万。差額約-8万。

はい、死亡。

こうなってくると90歳まで無職で生きれば到底、貯蓄2,000万では足りない。

冷静にみて無理な金額ですが配偶者ができれば少し増やせるはず。

しかし、この人生に誰かを巻き込むのかというジレンマも。(これでもOKな嫁募集中)

掛かるのは生活費のみではない

書いていて辛いですが、掛かるのは生活費だけではなく臨時の家のリフォームや入院、介護費用、冠婚葬祭など他にも家計を圧迫しそうなものはたくさんあります。

そこから考えるとそれなりの貯蓄はやっぱり欲しい。

特に僕の場合は、30代半ばまでの人生の生き方により(自業自得)かなりハードモードです。落ち込んでいても仕方がないので、真面目に今後どうするかを考えていく事にします。

では、考えたその対策を見ていく事にしましょう。

嘆く前にまず行動ぅ!!!

老後資金(年金・貯蓄)を作る方法

厚生労働省のデータでは日本人の平均寿命は、男性79.59歳、女性86.44歳。

平均寿命から、どのくらい貯蓄が必要かを計算して計画的に貯めていくようにしたい。

また、参考までに他サイトの情報によると60代の貯蓄の中央値が1,500万程となっている。
(住宅ローンの負債等も残っているので純粋に上の額がある訳でもない)

では、老後までにできること、老後からできることを見てきましょう。

副業を始める

いま、貯金ができないなら少し収入を増やしてその分を貯蓄に回す努力が必要。

副業OKな会社なら堂々とアルバイトすればいいし、ダメな会社なら給与所得にならない日雇いバイトやブログ・せどりなどで利益を生みだし、自分で確定申告してバレないようにするようにするのが一般的。

そもそも、年金支給額が減ったり延期されるというようなことが言われているので自分で稼ぐ力を付けるのは現役でも老後でも一番の攻撃であり防御ということになるかもしれない。

iDECOを始める(確定拠出年金)

まさに老後の貯金、老後の為の政府の施策。

毎月一定額を払い運用していく形。何がお得って払った額は全額所得控除されるので節税しながら老後の資金を貯めることが出来る点。

マジで老後の資金を貯めるなら絶対に利用したい制度。

楽天証券 確定拠出年金(iDeCo)

転職して年収を上げる

これが出来れば苦労しないという声も聞こえてきそうですが、技術職の人なんかは人手不足にあやかって年収アップの転職を決めやすいはず。

不平不満を言うのは一度行動に移してからにしたい。

とくに20代の人は即行動。

30代で久々の就職の僕は300万台の休日が多い会社で手を打ちました。

副業で稼ぐつもりなので空き時間重視で。

そうで無い人は、最初薄給でも後々多く給料が貰える技術職、今ならITエンジニアとか電気工事士なんかが良さそう。もちろん会社によるけど、技術があると転職しやすいので心配しすぎる必要は無さそうです。

60歳以降もできる限り働く

60歳以降も働くだけ働くという意識で生きていく。

60歳を過ぎても厚生年金を払う事はできるので加入年数が少ない人は加入できる仕事を探すべきでしょう。(加入期間40年の場合は不可、65歳以降は10年に達していない人のみ可)

無いものは無いので働いて稼ぐしかない。というか老後に働けるのは、まだ人の役に立てるという点で幸せかもしれない。

ボケ防止、体力維持と他の意味合いも持ってくるはず。

一生働くということにネガティブなイメージを持っている人は捨ててしまおう。

人手不足は続くのでむしろ定年が無くなることもあるかもですが。

受給年齢を遅らせる

今の制度は単純に受給年齢を遅らせると年金が増えるようになっている。

結果早死にしてもいいから働けるだけ働いて受給年齢を遅らせ、貰える年金は増やしておきたい。

70歳から受け取ればなんと42%も増えることに!

僕の場合はそもそもの支給額が低いので元気なうちに貯蓄をしておいて70歳から受け取れるようにするつもりで頑張ります。そうすれば人なみの年金は受け取れる。はず。

まとめ 老後のリスクに対して積み上げを

たとえ今までは無策であったとしても上記の事を読んで、どう対策するか、何を始めるかを決めれば老後の生活に対して少しずつでも蓄えていくことができます。

老後になって知らなかったと言っても、完全に自業自得。

それまでの責任はいずれ自分自身が請け負う事になります。

確実な将来なんて予測はできませんが残念な事にこれから更に年金の支給額が減ったり支給日を遅らせるという流れになっています。

残酷な現実に対してできる手段と労力は割いておかなければいけません。

10代、20代に伝えたい

フリーランスが増えているけど、自分の好きな道で食べていけるのは一握り。

その間にお金がなくて年金を払っていなかったり、正社員として働いていなくて厚生年金の支払いがないというのは老後のリスクになり得るので、それを知ったうえで時間を使って欲しい。

そして、20代でただ遊びたいから働かないというキリギリス的な生き方はリスクがあることを知って行うべき。

若い時(10代・20代)の時間の使い方で30代以降の生き方や経済的自由がほぼ決まるといっても過言ではありません。(30代半ばの僕が実感)

とはいえ金が全てじゃない

人生に喜びはたくさんあります。

したいことはしたい。わかります。

お金にとらわれるだけの人生には潤いや彩りがなく、生きた屍といえる状態にもなりかねません。(僕はめちゃめちゃ囚われていました、いや、いまもか?)

こんなことを言っては今まで考えてきた年金の話はなんなのかと言われそうですが、将来を恐れてばかりいては人生が広がっていかず面白みもないので、ある程度開き直る事も必要と感じますw

もしかしたらAIとか技術が発達して劇的に生活コストがさがってるかもしれないしね。(現実逃避)

最後に一言。

辛い。。。けど、開き直ってコツコツ頑張りましょう!w

コメント