ハードウォレット Ledger Nano S まとめ 購入から設定方法、注意まで徹底解説!

コインチェックの騒動を受け取引所にコインを置いておくリスクを感じてウォレットを購入を検討されてい方も多いのではないでしょうか?

購入から設定、コインの受信まで説明していきますので参考にしてください。

ハードウォレットの購入

ハードウォレットは正規代理店か本店から購入しましょう!

私は正規販売代理店のEarthshipから購入しました。

Amazonにも出品しているようです。

Amazonからの購入時は出品者を確認してから購入しましょう。

海外で詐欺事件の実例もあるので注意しましょう。コインがすべて奪われてしまわないように購入元は気を付けること。

Ledger nano S が届いてから

佐川からの届いた袋にはLedger nano Sと明細、シリアル番号が入っていました。

 

さっそく開封。同梱物はこちら

 

日本語説明書は入っていないので、購入サイトから「Nano S 初期設定」をクリックして登録を進めていきます。

さっそくLedger nano Sをパソコンに繋ぎます。指示どおり設定をすすめリカバリーフレーズも絶対にメモしましょう!
※リカバリーフレーズ用メモ用紙が同梱されています。

確認の為バックアップ

大金を入れてからLedgerをリカバリーするのはとても怖いので、設定完了後に一度バックアップの為にメモしたリカバリーフレーズを使ってのリカバリーをお勧めします。

わざとPINコードを3回間違えるとLedgerが初期化されるので24単語を入力しリカバリーしてみましょう。復元できればOKです。

もしメモを間違えていたとしたら新しい機器として再度登録し直しましょう。

Ledgerではファームウェアのアップデートでリカバリー作業が必要になるので大金を失くさないためにもに確認しておいた方がいいでしょう。

詳しい方法は下で説明します。

アプリのインストール

LedgerアプリのインストールにはGoogle chromeが必須です!

アプリのインストール画面へ

左側のウォレット管理アプリと自分が持っているコインのウォレットアプリをダウンロードしよう。

ちなみに下の図で自分が必要なアプリを確認して下さい。

参照:Hardwarewallet

Chromeブラウザにダウンロードできたら早速アプリを開いてみましょう。

ここではBitcoin Walletを開きます。

ウォレットアプリは一個ずつしか開かないので他のアプリを開いている場合は閉じましょう。

ここでLedgerをつないでbitcoinマークに合わせて上のボタンを同時押し

下の画面になります。

するとウォレットの画面が下に切り替わります。ここではbitcoinの解説なのでbitcoinを選ぶ。

bitcoinのウォレットが開かない場合

bitcoinの画面が切り替わらない場合はLedgerの設定を確認してみよう。

Ledgerの「bitcoinマーク」→「Setting」→「Browser support」→「No」を順番に左右のボタン同時押しで選択して再度、ウォレットを開いてください。

それでも無理な場合はアプリの再インストール、PCの再起動を試して下さい。

 

次の画面ではウォレットが早く、安く送金できるとオススメしている「SEGEIT」を選択しましょう。

bitcoinの受信

上の作業が終わると下の画面になります。

ここではコインを受け取るので「受信」を選択。

bitcoinアドレスをコピーして取引所などからコインを送ってみよう!

送金が確認できれば無事終了です。お疲れさまでした。

イーサリアムウォレットも同じようにアプリを開いてLedgerからイーサリアムマークを押して進めば送受信できます。

入手したコインを安全に保管して仮想通貨を楽しみましょう♪

MyEthrWalletとLedger nano Sの連携方法!セキュリティを高める為に!

バックアップについて

と大石さんも注意喚起されています。

24単語の確認の為にも一度バックアップからリカバリーしてみましょう。

ファームウェアのアップデート時やPINコードを3回間違えると必要になります。

確認の為、3回ピンコードを間違えたらすぐにLedgerが初期化されました。

次に「Configure as new device?(新しい機器として設定しますか?)」 と聞いてくるので「×」を選びましょう。

「Restore configuration?(構成を復元しますか?)」こちらは「✓(チェックマーク)」を選びましょう。

24単語を入力していきましょう。アルファベットを入力すると途中で単語を選択する画面になるので一文字づつ入力の必要はありませんよ。

すべて完了したら下の画面がでて無事リカバリーが完了します。

以上でバックアップからのリカバリーが完了しました。

コインの保管場所

コインはLedger自体に保管されているのではなく、ブロックチェーン上に記録されています。

Ledger nano Sには、このデータにアクセスする為の暗号化された秘密鍵が保管されています。

24単語のリカバリーフレーズはこれらを復元するものなので絶対に漏らしてはいけません。

Ledger本体を失くすより危険です。

ハードウォレットの購入

ハードウォレットは正規代理店か本店から購入しましょう!

私は正規販売代理店のEarthshipから購入しました。

Amazonにも出品しているようです。

コメント