【仮想通貨】Airdrop 無料配布に参加!もらい方のパターンとリンク集!

仮想通貨の中には無料でコインを配っているものがあります。

それをAirdorpといいます。

Airdropの目的

Airdropの目的は

  • ICO前の事前登録者の確保
  • 知名度アップ
  • 利用者を増やすことによる流動性アップ

などです。

Airdropは今のところ効果は絶大なようです。すぐに数万人の登録が集まっています。

タダでもらえて、値上がりした時にはそれなりに大きな額になりますからね!

【Airdropまとめ】簡単!仮想通貨が無料で貰えるICO 複数ご紹介!

Airdropに参加する為に必要なアカウント

【必須】

MyEtherWalletなどの0xからはじまる受信アドレス

Telegramのアカウント

Twitterアカウント

E-mailアカウント(どこのでもいい)

【時々必要】

Facebookアカウント

Redditアカウント

bitcointalkアカウント

Airdropでトークンをもらうなら必須のアカウントは登録しておこう。

その他は随時、必要になった時にでオッケー。

Airdropのパターン

パターン①

  • ETHアドレス登録
  • Telegramのグループに参加して付与されたコード入力

これでもらえるパターンが一番多い。

例を見てみよう。

 

まずは、ETHアドレスを入力して登録

 

その後、この画面になるので「Telegramグループへの参加」→「コード入力」ここまでで貰えます。

さらに受け取りたかったらリンクを介してAirdropを紹介しよう!

シンプルなので試してほしい。

パターン②

パターン①に加え

  • ユーザーネーム記入
  • メールアドレス記入
  • Telegramのユーザーネーム記入
  • Twitterフォロー&リツイートからのアカウント名記入

など上記のどれかを加えて登録でもらえるパターン。

パターン③

フォームに入力するパターン。公式サイトの場合や、単なる入力フォームの画面の場合がある。

具体的には下のようなやつです。

 

基本的にはパターン②と同じだがTelegramへコード入力が必要ない。

パターン④

Telegram内で登録するパターン。これは英語が読めないと迷うかも。

まずはチャンネルに参加してPinned message(チャンネルの一番上に固定してあるポスト)を確認しよう。

大体はTelegram内で

  • ETHアドレスを入力
  • 指定コードを入力
  • チャンネル入会

でもらえるパターンが多い。

下のページを参照するとイメージできるはず。

【Airdrop】 EBCoinがエアドロップ中!簡単にもらえる方法と手順

パターン⑤

ETHアドレスやメルアドを登録後にアクションが必要なパターン。

アクションは

  • コメント
  • Twitterのフォロー、リツイート
  • Facebookのいいね

など様々。全てこなす必要はないので出来るものだけやってサクッと貰おう。

Airdrop付与の確認方法

Airdropされたコインが実際にウォレットに入っているか確認するにはMyEtherWalletでethplorer.ioをクリック
(付与までには数時~数カ月掛かります)

下のページが表示されるので、コインを確認してみましょう。

もしくは直接ethplorer.ioへ行きETHアドレスを入力しても確認できます。

まとめ

だいたい、これぐらいのパターンなのであとはサイトにいって登録してコインを貰いまくろう!

付与まで数日から数カ月と期間は様々なので焦らず待っていよう。

【Airdropまとめ】簡単!仮想通貨が無料で貰えるICO 複数ご紹介!

コメント